2019/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


子宮頸がんワクチンはじめました女の子の未来に安心を贈りたい。

子宮頸がんワクチンのおすすめ。
若い女性に急増!

子宮頸がんはワクチンで予防できます!

女の子の未来に安心を贈りたい。

子宮頸がんの原因は、ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染ですので、ワクチンで予防できます。
近年では、20代から30代に急増、特に若い女性の発症率が増加傾向にあり20代から30代においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。

若いうちからの予防接種が大切!

10歳から接種可能、中学入学時が最適!

子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあり、妊娠の機会を失ってしまいます。
ワクチン接種の年齢は初潮後の10歳から可能です。一般的なおすすめ時期は性交渉の低年齢化傾向もあり、中学入学時期が最適と思われます。

ワクチン接種のタイミングを逃すと一生接種しないことになりがちです。
進学や就職などのお祝いをかねて、人生の節目にワクチン接種をお勧めします。

子宮頸ガンの予防ワクチンは、肩に近い腕の筋肉に注射します。
1〜2回の接種では、十分な抗体ができないため、半年の間に3回の接種が必要です。

初回 → 1ケ月後 → 6ケ月後(半年の間に3回の接種)

接種後にみられることがある症状
ワクチン接種した後には、注射した部分が痛むことがあります。注射下部分の痛みや腫れは、体内でウイスル感染に対して防御する仕組みが働くために起こります。


子宮けいがんワクチン